堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

手打ちそば清水屋5周年の振り返り 2 ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。11月5日手打ちそば清水屋5年間の歩み 三代目の決意を目にしたとき、清水屋を任せてよかったと心底思えた瞬間でした。   5周年! 手打ちそば清水屋は、本日5周年を迎えました!           まず、この日を迎えられた事に心より感謝を申し上げます。 ありがとうございます! 今日まで、個人的にも本当にいろいろな勉強をさせていただきました。   定休日ということもあり、この5年間を振り返る良い1日を過ごすことができました。 なかなか直接お客様と接することができずにいますが、オープンから今日まで 沢山のお客様に支えられていること、スタッフにも… 本当に沢山の方のお顔が浮かび、改めて感謝と自分が目指すことの確認ができました。   これからも、自分にできることを当たり前に! いつでも美味しいお蕎麦を食べていただけるよう精進します。 店主   親として何をしてあげることができるのか?千日紅奉納祭で時間に追われて何も用意してなくって焦りました。     知り合いの宇田川みゆき先生に、清水屋においでのお客様に千日紅の花でおもてなしをしたいのですが、そしてそれが自分が三代目のためのプレゼントにしたいと・・・・何しろ急なお願いでしたが、予定していた事の合間に駆けつけてくださって見事に千日紅の花で店内を飾っていただきました。とても鮮やかで見事でした。お客様にも大変喜んでいただくことができました。     千日紅の花のおもてなしが見事に仕上がった店内に、開店当初からご贔屓にしてくださったお客様からもお花が届き、三代目を5年間支えてくれたスタッフのみんなからもお花をいただき、店内がお花でいっぱいになり三代目のこれからを祝福と、お客様への感謝の一日になりました。     千日紅の花を種から大切にそだて、元気と笑顔をお届けする活動を続けていて、今日ほど千日紅の花に助けられ、癒やされたことはありません。 宇田川先生のおかげで、これからの三代目の目指す清水屋のみらいに、千日紅の花で後押しをしてあげることができとても嬉しいです。三代目を支えてくださっている多くの皆様に感謝申しあげ、地域の皆様に喜んでいただける 清水屋を目指していますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。   妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。          
>> 続きを読む

Mamesuke -Shiba Inu & Japanese Sweets- / Vol.5 AGEMANJU ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋です。 テレビ大阪「和風総本家」で清水屋の揚まんじゅうが外国で紹介されることになったようです。 放映されたDVDが送られてきました。 ぜひご覧ください! Mamesuke -Shiba Inu & Japanese Sweets- / Vol.5 AGEMANJU
>> 続きを読む

清水屋の11月の出来事の振り返り 1 ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。数ヶ月前に、杉並区産業振興センターの方から取材を受けたことがあり、先日 杉並区からコロナに克て!杉並の仕事(すぎなみオススメ飲食大特集)なるサッシが届きました。開いてみると、そこには 杉並が世界に誇る 縫製のプロ「ファッションしらいし」さんの特集が組まれていました。こんなにもプロに徹した企業の生き様を当たり前にこなされている経営者と多くの女性スタッフの皆さんの取り組みに驚かされました。杉並区にもこんなにも世の中でお役に立てる多くの皆さんがいることを知り、なんでこのサッシが清水屋に届いたのか不思議でした。ページヲめくっていくと。ありました! すぎなみ オススメ飲食大特集 6店舗のお店紹介の中に清水屋も有りました。 三代目と一緒に写っていて 清水屋の和菓子の仕事をしながら地域のボランテイア活動をしていることも、三代目の手打ちそば清水屋の取り組みについてもお話させていただいたことが簡潔にまとめて案内されていました。 、 11月3日 数ヶ月前から企画していた千日紅奉納祭イベントが、残念ながら前日に急遽中止決定が決まりました。 千日紅の花を500名様においでになった皆様にお持ち帰りいただけるように娘からも後押しサれて 配ることに。スタッフのみんなが駆けつけてくださって会場を設定すると、多くのお客様が並んでくださって、なんとも言えない気持ちに・・・・・ 何よりも仲間のやる気を誘ってくれてこのお二人❣❣ 小学校で咲いていた千日紅の花をアクセサリーにしてみたんですよ と美しいお顔に千日紅のアクセサリーがとても似合っていて、自信アリのお言葉にみんなの笑いを誘ってくれました。   検温・手指の消毒を担当・最後尾のプラカードを手に・千日紅を渡す担当・千日紅の花を選び袋に入れる担当         実行委員会で担当者としっかり話し合ったことが確実に行動に反映されていて、作業担当者との打ち合わせを皆にまかせてよかったと、頼もしく思えた瞬間が目の前に!!。みんなのやる気が体からにじみ出ていて、いい仲間が集まってくれたと感激です      体調が思わしくなかった旦那さんの心配そう見守っている姿に、みんなが頑張るからと言ってくれているように見えました。   今回から千日紅繋和会の会長として、補助金や商店会の援助をうけずに自己資金での初めてのイベント開催です。責任者として、共鳴してくださったメンバーの皆さんと上手にできているのかが心配で、みにきてくれた旦那さんの姿に大丈夫ですよ、みんなが頑張ってくれているし、私にも座っているように言ってくれているので~♬ と 声をかけて、安心してもらいました。 奉納行列でお稚児さんに参加するはずだった母娘の皆さんも、手伝えることがあったらと申し出てくださって旦那さんも安心して会場をあとにしました。スタッフが夜遅くまで手をかけた花冠を見せに来てくれて会場内に~わあ可愛い~素敵~と歓声が響きました~💕   奉納行列も中止の中、春から準備した千日紅の花、山梨の農家の方が山で育ててくださった千日紅の花、思ったように育たなかった部分もありますが、地域の皆様と一緒に種から愛情を持って育てた千日紅の花が今年もお渡しできたことに、改めて頑張ってくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。 千日紅繋和会としてこれからも地域の皆様に助けていただきながら、千日紅の花を通して妙法寺様に参拝においでの皆様、商店街においでの皆さまを元気と笑顔でおもてなしができるように、近隣にできた高齢者の施設にも伺うことができるよう福祉関係のお手伝いができるように頑張っていきたいと強く心に誓っています。 今回の個人的な活動にも関わらずイベントに協賛してくださった、妙法寺様をはじめ、地域の団体様も含め多くの企業の方の支援に助けられて開催をすることができることを知りました。 そして何よりもやる気のある仲間がいてくれること、何かあったら言えよと言ってくれる旦那さんと、娘とスタッフに囲まれていることに感謝しながら地域に恩返しをさせていただきます。 今年は中途半端になってしまいましたが千日紅奉納祭は、これからも存続をお約束させていただきます。 令和2年11月3日の 千日紅奉納祭のまとめとさせていただきます。たくさんの皆様に支えられたイベントでした。 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。            
>> 続きを読む

清水屋の人気商品をイベントに ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。何年ぶりでしょ?杉並フェスタに伺ったのは・・・・ コロナウイルスの自粛生活が数ヶ月も続き清水屋の和菓子部門も9月すぎまでとてもつらい時期がありました。そんな中久しぶりの大きなイベントに出店するにはとても大きな決断と体力が必要でした。   旦那さんも力を振り絞って久しぶりの大きなイベントで販売する赤飯や山菜おこわを前日に遅くまで仕込みを頑張っていました。 普段の数十倍の量の赤飯を炊き上げて、三代目と、蕎麦のスタッフと三人で朝の5時から計り切った当日の朝。 久々に山菜おこわも仕込んでもらいイベント会場での清水屋の人気商品が揃い踏みです。 イベント会場まで揚まんじゅうのフライヤーと揚まんじゅうを4種類用意し、8時30分までに桃井原っぱに搬入です。 店開きの準備をしていると、保健所の方々が販売商品の届け出通りか?確認に。更にイベントスタッフの皆さんが人数の確認、検温と回ってきていよいよ販売です、 土曜日のせいもあって始まると同時に揚まんじゅうをお求めのお客様でいっぱいになって、あれよあれよと売れていきました。 知り合いの皆さんが立ち寄ってくださってとてもなつかしく感じました。2時30分過ぎに3時までに終わるようにとの声がかかりました。 今回の会場には、テントの横幕も無く機材を置いていきたいのだがこのまま置いていっていいのかイベントスタッフにお聞きするとすべて持ち帰るのが原則とのことで、結局油が覚めるまで一人残ることになってしまいました。 自分たちの前での会場は、無いやらバッテイング会場のようでした。今回は周りを見て回ることができずに終わってしまった 三代目の知り合いのお二人が搬入から搬出まで受け持っていただき出店ができています。 二度目の荷物を取りにもどって来るまで待っている間にカメラの汚れを拭き取りながら試し撮りをして時間と、寒さをしのいでいました。 最後のフライヤーを店まで持ち帰るためにお二人と旦那さんが来てくれましたが、疲れ切った旦那さんの姿が・・・・・。 お二人が朝から助けてくださって杉並フェスタに出店でき、お客様にも喜んでいただけてとても助かりました。 店に戻ると、三代目も昨夜から、今朝に旦那さんの手助けをして、手打ちそばの営業を終えたので、こちらもお疲れの様子です。清水屋の仕事はとても力仕事が多く、なれない仕事を頑張った疲れが出ていました。みんなで朝から食事らしいものを食べれてないのでお腹が空いていたので娘が用意してくれていたお寿司が届き、美味しくいただきました。旦那さんは食べるとすぐに休みました。 イベント会場での手伝いをしていただいたことを振り返って商売の楽しさと人様の対応などについてしばらくお話をさせていただき疲れ切っていた体が少しづつ元気が蘇ってきた気がしました。明日も早くから赤飯の注文が重なっているので、先に、休ませていただくことに。 助けていただきありがとうございました。 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。          
>> 続きを読む

千日紅奉納祭に向かって ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。 清水屋の仕事を三代目に任せて地域の皆さんと千日紅奉納祭の準備  千日紅奉納行列として商店会の協力のもと、露天・フリーマーケット・子供広場など例年盛況に開催してきましたが、今季より商店会が参加辞退となったこと、さらに新型コロナウイルの蔓延のため、開催の是非を熟考しました結果、地域の皆さんと相談をし、千日紅繋和会が主催させていただく運びとなりました。   会計さんは必要な買い物ができているかどうか確認と名簿の確認のため受付をかって出てくれました 又、これまで親しんでいただきました千日紅同好会の名称を、千日紅繋和会と改め一層地域への貢献に努めていく組織へとシフトしてまいります。早速、地域の幅広い人脈に集まっていただきました。 積極的に参加してくださって、若いお母さん方も小さな子どもたちも地域の町会の会長さんまでも、集まって話あいました。 千日紅の活動の始まりの紙芝居もできて子供たちは興味津々でした。この子達の未来に笑顔があるように大人たちも頑張ってくれているのでこの千日紅奉納祭は地域の皆さんと大切にしていきたいと願っています。 千日紅配布の担当者、思わず熱が入り過ぎていますが皆さん寛大に接してくださっていました。 当日イベント担当の責任者の方と打ち合わせ。荻野くんは朝の準備と奉納行列の先導役も兼ねて頑張ってくれています。     しんせん社長さんの言葉にはとても情熱がこもっていてあらゆる場面でお力をお借りしています。 三人のお姫様と、しんせんバンドの皆さんも本日が最後の練習を夕方から、全員揃ってするとのこと担当者がギザエモンさんです。 千日紅のお姫様三人も皆さんの前で初めての顔合わせでしたが、堂々としていて大したもんだと周りから声が上がっていました。 お稚児さんの親御さんも出席して説明を聞いていました。皆さん真剣に聞いてくださっていて嬉しいです。 妙法寺様に作っていただいたイベント告知の看板も担当者荻野くんが昨夜来てくださって 本日中にそれぞれの場所に取り付けてくださると約束をしていただきました。 今年から責任者としてまとめてくださる役員の皆さんの緊張がこちらまで伝わってきます。がんば!!   お稚児様担当の責任者は、男の子が3人いるので、女の子とは違う花かんむりを作りに来るとのこと   私に勇気を与えてくれたお子さんの一人がどうしても気にかかる。何故かわからない。女の子の目の表情が気にかかる。      他の女性スタッフは会場に運び込む荷物の点検に来て当日の奉納行列の最終確認をしますと連絡が   新型コロナの対策としての看板チラシ、プラカード、メールで送っていただいた方は昼間に印刷をして届けてくださるそうな (自分がパソコン操作が上手にできなかったことを伝へると自分でもって来ますと、昨夜電話がありました)   ボランテイアの皆さんに確認のメールを送ること。  ポスターの設置の確認 お稚児様の名簿を妙法寺に届ける 姫様三人の花かんむりを作っていてくださる方に確認   これから三人のお姫様のリハーサルを頑張っている様子をみに行ってきます。 帰ったら名簿作成の仕事が残っているので今日も夜中までの作業になりそうです。 すべての工程を組み立てて担当の皆さんにおまかせできていることが   今までの中で 一番の進歩では無いかと自我自賛しています(笑い)   残りあと僅か見落としのないように、もう一度確認をしてみます。   妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。      
>> 続きを読む

清水屋の一日と注文の製造 ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。今朝も千日紅の作業から始まった清水屋の定休日 三代目は都の振興公社の商店街支援を受けて、本日は竹内幸次先生のZoom対応などの指導を受けているようです。 連日仕事で時間に追われていながらも頑張っています。 10月に入ってから妙法寺様で法事をなさる方も少しづつ増えて清水屋和菓子部門も連日、製造に追われていて旦那さんと2人あたふたと嬉しく働かせていただいています。 本日は、つぶあんの揚まんじゅうを製造です。 久しぶりに大きなお供え餅の注文が入り、もち米の蒸されたいい匂いが作業場中に漂っていて何故かホッとした気分になれました。 この大きさが自分には限界かな?と思いつつ旦那さんの指導を受けながらなんとか仕上げることができました。重かった~。   二十三夜様の大祭でお供え餅とおまんじゅうを作らせていただき仕事ができる喜びを感じています。 焼印を押しながらほんのりと焦げ臭い匂いをかぎながら作業をしていると、和菓子を製造する仕事をできて嬉しいなと感じる 材料ごとに様々な季節ごとの原材料の~色合い、匂い 出来上がりの姿の変化がそれぞれに見えて楽しい~思えるようになっている自分に ちょっと驚いている。 清水屋の仕事を終えると、11月3日開催の千日紅奉納祭の準備を手伝いに、しごとを終えてから来てくれた 橋本くんと一緒に作業を片付ける。橋本くんは咲き終わった花と残土を分ける作業をとても丁寧にしてくれるし 重たい残土をいともかんたんに整理してくれてとても助かっています。夕方から始まり 終わるともう真っ暗です。 最後にはミーテイングに集まった女性の集まりでイベントに向けてやり残しの作業をピックアップ それぞれのグループに分けて分担して作業を頑張ることが決まりました。 集まったメンバーは10数年来のイベントのためのパートナーでそれぞれの役割分担ができるのでとても助かっています。 朝からなが~い一日が終わり、遅い旦那さんとの簡単な食事を 遅い時間なので、冷蔵庫にあるもので具だくさんの味噌汁になりました。 美味しい~。テレビを付けても目が閉じてきておやすみなさい~・・・・・・。 さあ、明日は千日紅奉納祭の最終仕上げにみんなが集まってくるので資料まとめなければ! 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。        
>> 続きを読む

清水屋の 世代交代 まじかに ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。清水屋も世代交代が急ピッチに進んでいます。 旦那さんが、仕込み中に良く転ぶようになり、見かねた三代目が、そばの営業終了後、旦那さんの手助けをかって出て注文用の餡の製造工程にチャレンジしています。 三代目も旦那さんの餡が好きなので、旦那さんの手順に従って楽しそうに頑張っています。 重たい餡も軽々とこなしているさまを見て、若さにはかなわないと目を細めている旦那さん。 後で、本当は重さがきついと三代目が申していました(笑い) 10月に入ってからお客様からの注文が増え、まんじゅうやお供え餅など自分にも役割が回ってきました。 女将の手習いの効果が出てきたかな?お供え餅も形が良くなったと旦那さん言われてルンルンです。 おまんじゅうも女将の手習いを続けてきた効果があると言われて喜んで頑張っています。 蒸したての熱々とフワ~フワ~感をお客様に提供出来たらどんなに喜ばれるだろうか?と引きびわ間近にも感じてしまう。 揚まんじゅうも四種類を交代で製造しスタッフのみんなが販売を頑張っていてくれるのがとても嬉しいです。    自分たちも徐々に仕事から離れていて、注文があったときには頑張りますが、スタッフのみんなが三代目を中心に活動していて手助けをされることが多くなってきました。旦那さんの頑張りも見るに忍びないことが多くなってきて自分たちの引き際が近いと感じています。   清水屋の朝、三代目のそば打ちから一日が始まります。 スタッフのみんなに助けられて、のれんがかけられて清水屋の営業が元気に開店です。   清水屋は家族三人が、お互いにできることを根気よく頑張って来ました。 お客様に喜んでいただけるようにスタッフの皆さんと想いを一つにして 妙法寺名物揚まんじゅう手打ちそば清水屋として、これからも皆様の喜ぶ笑顔をいつも思い浮かべながら 自分たちの選んだ仕事に、自信と、誇り、を持って働かせていただいています 三代目を中心としたスタッフともども今後もどうぞ宜しくお付き合いくださいます様 お願い申しあげます。 二代目は、「千日紅の花と笑顔のおもてなし」を念頭に地域の皆様のお役に立てるよう頑張って行こうと心に決めています。 もちろん旦那さんと一緒に歩んでいきますので応援宜しくお願いいたします。 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。      
>> 続きを読む

清水屋はまんじゅうの注文承ります ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのグログ。三代目の言葉に甘えて地域の活動に身をおいているじぶん。清水屋に注文が入ってくると旦那さんと自分の仕事。揚まんじゅうの製造も自分たちの仕事。。 本日は法事のための注文でかぼちゃ餡のまんじゅうを作っています。 千日紅の作業の追い込みで毎日作業時間も多くなって、注文のまんじゅうを作るときも、千日紅の作業もいつの間にか 旦那さんと2人で頑張っていることが多くなっている。 旦那さんが準備をし自分が包餡を受け持ち、旦那さんが蒸し担当。 最後に、ビニールでほうそうし、自分が仕上げる。製造が終わると食事休憩にはいる。 いつも忙しいときにいただきものが届き、買い物に出なくっても、いただきものを美味しくいただきとても助かっています 山梨の知り合いが蕨を冷凍にして食べやすくして送ってくださって、花豆は商店会の知り合いの女将さんの差し入れで 次は抹茶のまんじゅう作りです。 一つひとつ手作りなので包餡の仕事にもなれて、時間の立つのも忘れるくらい作業が楽しいし 蒸仕上がったフカフカのまんじゅうを見るたびに、お客様に蒸したてを食べていただけたけたらといつも思う。 清水屋の仕事が終わったあとは千日紅の寄植えを頑張って一日の終了となりました。 本日は定休日のため休ませていただきます。  店が休みなので場所を広く使うことができるので、大きな鉢を動かしながら千日紅の寄植えを頑張リました。 水をたっぷり含んでいるので動かすたびに腰が痛い。今日はこれだけで終わりにしてゆっくり休ませていただきます。 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。        
>> 続きを読む

堀之内のおもてなし千日紅 ()
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。清水屋の三代目がコロナにも負けす、毎日スタッフと共においでになるお客様に感謝をしながら、店の切り盛りをしている姿に長年頑張ってきた二代目の自分たちの姿がダブって写ります。そんな三代目から地域のボランテイア活動に身を置くことを許されて千日紅の花の活動に頑張っている毎日です。 10月5日の一日を振り返り、今までとは違う現実に目を見張り喜んでいる自分がいました。 高円寺ルック商店街の中で「ヒトツナ」ひときわ目立った文化的で若いママさんや多くの方々を巻き込んだ活動をされていた 國松さんと前田さんとお友達の三人が千日紅の活動の拠点となる部屋を見に来てくださいました。 重たい絵本を持って来てくださり、お話もたくさん聞いていただき充実した時間を、ともにそごすことが出来て最高に幸せでした。   ちょうど11月3日の千日紅奉納祭のお稚児様の花かんむりが前日に、スタッフの作ったのを見てとても感動してくださってこちらまで嬉しくなってしまいました。今後、万が一お時間がありましたら千日紅の活動の運営や広報などの分野で協力してほしいとお願いをしてみました。また遊びに来てくださると嬉しい約束を残して帰っていかれました。 旦那さんの昼食も忘れるほど話に夢中になっていたようで外から 行ってくるよ!!と旦那さんの声 ごめん。 夕方まで千日紅の寄植えを頑張ってちょっと休憩 4寺30分に玄関のチャイムがなって見ると橋本くんが立っていた。月曜日の夕方時々手伝いに来てくれて、重たい鉢植えの移動など助けてもらっている。寄植えの出来た大鉢の汚れを落としてもらい、500鉢の移動をしてもらったりだめになった花と土を分けてもらったり大活躍をしてもらいました。   7時過ぎまでがんばてくださって周りはもう真っ暗になってしまいました。7寺30分からイベントスタッフの女性たち5人が花かんむりを作りに来てくれるので橋本くんには作業を終わっていただきました。帰り際に可愛いマスクをたくさんいただきました。有難う~ね♬ 急いで夕食をダンナさんと(我が家の前のおでん屋さんからおでんを)食べてる途中にチャイムが・・・・ゆっくり食べてくださいな!と優しいスタッフの声。 慌てて行ってみるとみんな黙々とチクチクしています(笑い)今年は補助金の申請もなしで自分たちの活動資金を持ち出しなので音階はすべてボランテイアでの手伝いをお願いしたところ、自分たちで作って子供たちに喜んでもらいましょうよ!と話し合って集まってくれているようです。嬉しいです。こちらから押し付けるのではなく自発的に申し出ていただき本当に感謝です。 細かい手作業でやっと波に乗り始めたらなんともう10時ちょっと前。とりあえず本日の作業を終了し次の日程を決めるのにメール交換をしてにぎやかで楽しいじかんも終わりとなりました。今までこういった作業をみんなですることがなかったので新しい発見が出来ました。 20こ作る予定で準備に時間がかかり、本日の成果は3個でした。 次は全員が同じ仕上げに手をかけることができるので大丈夫ですよ~♬とのこと、宜しくお願いします。 千日紅同好会のメンバーや地元の方々が誰一人としてお断りもなく協力を約束してくださっていることに感謝の気持ちでいっぱいです。 旦那さんも毎朝、水やりは家の周りはまかせろ!と、ヨタ付きながらも一生懸命手伝ってもらっています。 心配して時折国立からくてくださる金子さんが、大きな鉢植えの土の入れ替えをしに来てくださり 重たいものを移動するときには川口さんがすぐに仕事明けに飛んできてくれてみなさんが千日紅奉納祭のイベントの準備に協力を惜しまずにいてくれてとても心強い仲間がいてくれて嬉しいです。 連日千日紅の作業に時間を与えてくれている三代目とスタッフにも感謝の毎日です。 みんなのパワーを頂き自分もただただ千日紅の花を咲かせることに力を注ぐことが出来ていることに感謝しています。 日姫様と、紅姫様も今年は地元からの初デビューのために歌のレッスンに励んでいます。みんながんばッテ❣❣ 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。  
>> 続きを読む

千日紅奉納祭のお知らせ 準備着々と ()
並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。千日紅の作業が追い込みに入り三代目の好意で連日千日紅の作業に頑張っています。清水屋の仕事もぼたもち供養からもブログを書く時間が足りず、今になってしまった。 千日紅奉納祭イベント当日までをお知らせさせていただきます。 イベント当日にで500鉢の千日紅の花を皆さんにお配りするために、毎日作業に時間がかかりましたが やっと予定の500鉢が仕上がりホッとしています。 9/30日 毎年恒例の千日紅市のイベント開催について実行委員会で役員の皆さんと会合を。千日紅姫様とお稚児様の奉納行列と千日紅の花 先着500名様に配布と千日紅姫様としんせんバンド演奏まで開催することが決定しました。   今回チラシ担当の方もお仲間に入ってくださって、優しいイメージの仕上がりで皆さんも気に入ったようでした。  今まで千日紅奉納行列に際し商店会の主催で模擬店、フリーマーケット、子供広場など例年盛況に開催して来ましたが、 今期より商店会が参加辞退となったこと、さらに、新型コロナウイルスの蔓延のため、開催の是非を塾考しました結果、 内容を最小限に絞り開催させていただく運びとなりました。メンバーの誰もが意見交換でき役割分担までも決定することが出来ました。 11月3日(祝 火)13:00~16:00 場所:杉並区堀之内やくよけ祖師妙法寺境内~雨天決行 千日紅市を 「 千日紅奉納祭 」と名を変えて無観客での開催と決定。 主 催:千日紅繋和会 (千日紅同好会改め) 後:援 杉並区 ・杉並区社会福祉協議会 協 力:妙法寺門前通り商店会 ・やくよけ祖師妙法寺 先導が2名、千日紅姫様3名、上下をつけた介添の地元町会の会長様4名、今回は花かんむりで統一されたお稚児様20名、お世話係2名 (写真は以前のです) 昨年までは京都から衣装を取り寄せていましたが、今年は新型コロナの影響で京都からおいで頂くことが出来ず、白い衣装に千日紅の花かんむりで用意させていただくことになりました (写真は以前のです) 総勢31名で寺院内を無観客で行進させていただき、3人のお姫様が千日紅の花束を奉納させていただき、地域の安全な暮らしと健康と、こどもたちの成長を祈願させていただきます。 行列の終了後、(4月の種まきから、コロナ自粛のときにも日々黙々と千日紅の花を咲かせていました)     先着500名様に千日紅の姫様とお稚児様とで皆様にお渡しをさせていただきます。(写真は以前のです)         締めくくりは千日紅姫様としんせんバンドのミニライブです。 (写真は以前のです) 音響と司会を担当の猫さんです。イベント当初から出演して協力いただいています。 (写真は以前のです) 初代の千姫・日姫・紅姫の三人の姫様です。今年は地元から、新しく2名のお姫様が登場します。 (写真は以前のです) 地域の皆様のご尽力でイベントは開催されています。今年もコロナに負けずみんなで手を携えて未来の希望に向かって進んで行きたいと強く願っています。これからそれぞれのコーナーが無事にできるようスタッフ全員で準備に取り掛かります。 ※新型コロナウイルスの感染防止対策として ・例年のようなステージ、ワークショップ、屋台は全て無し ・奉納行列も妙法寺境内のみの巡行とし (無観客)で行う。 ・一般の参拝客にも門の前にて検温、手指消毒を実施し、境内内に  ロープを張り、ソーシャルディスタンスの確保・マスク着用を促します。 ・千日紅の花、配布時も 一定間隔を保ち整列 検温・手消毒・マスク着用にて入場 非接触で配布。  ・奉納行列参加の子供たちはじめ、当日の出演者、スタップすべて2週間前からの体調報告  検温・マスク・マウスシールドの着用、手指消毒を厳守します。 当日の様子を録画し後日YouTubeでオンラインで配信しますのでどうぞご覧になってくださいませ。 妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋  東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725 和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休     日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します) 毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。              
>> 続きを読む